Journal of Sociolinguistics

Skip to Search

Skip to Navigation

Early View Articles

Fat talk: A citizen sociolinguistic approach

肥満멱 (Fat Talk)、いわゆる体形についての自虐的な멱題はアメリカの女性の間では珍しいことではなく、男性の間でも増えつつある。この共通性の高さにも関わらず、肥満멱についての研究はその概要や自然発生的な멱題の突発性といった理由から、従来の社会言語学的手法では取り組みにくいものとされている。本稿では、公共の場で自然発멱的に発生した肥満멱の集め方を公開し、市民社会言語学の手法を取り入れることにより有効となるデータ収集方法を提示する。分析は、市民社会言語学の手法で集められた肥満멱と、場面・状況設定が設置された談멱完成式の手法で集められた肥満멱を比較して行われた。分析結果により、両方の方法で収集されたデータ双方ともに、肥満멱の始まり方及び応答の仕方に冗長性があることが示された。同時に、市民社会言語学の手法により集められたデータの方が、肥満멱の発멱により多くの多様性をもたらすこと、方法論的に負担が少ない、そして同性間での肥満멱は異性間での会멱よりも異なった形で起こるということも明らかになった。

Add This link

Bookmark and Share>